第4回屠蘇TV 掲載中!

投稿日:

第4回屠蘇TV

ゲスト
えんまん株式会社
訪問看護ステーションえんまん
代表取締役 吉岡由紀子さん
吉岡由紀子さんは整骨生態系の構造と機能を学び催眠療法やルーマニア・アンチエイジングに携わり現在訪問看護ステーションえんまんを運営されておられます。現在は在宅で看護を受けられる方が増加しています。まだ訪問看護ステーションについて認識が少ない方も多いと思いますが、実際運営されている訪問看護ステーションとはどんなものかまた現在の訪問看護の状況等についてお話ししていただきました。

屠蘇アーシング
今回、訪問看護ステーションえんまんの代表取締役である吉岡由紀子さんとそのスタッフの方に健美工房の屠蘇アーシングを受けてもらいました。その感想を座談会形式で聞いてみました。
#屠蘇アーシングとは、不妊、発達障害、認知症、癌、動脈硬化、高血圧、糖尿病などの病気やいわゆる未病(冷え、慢性疲労、ストレス障害等)は、慢性に進行する炎症に起因するとされ、現代は自然環境の悪化に伴い慢性炎症が更新し、その予防と治療が急務となっています。屠蘇アーシングは健美工房で行っている統合医療のエネルギー医学に属し、本来、人に自然に備わっている抗酸化、抗炎症、解毒、排泄、再生機能を賦活し慢性炎症の進行を止め、さらに健康増進にまで働きます。健美工房では、現代医療に不可欠なエネルギー医学を最新のライフサイエンス技術に基づいて屠蘇アーシングとして提供しています。
屠蘇アーシングの実際は上半身、特に頭部を洗浄し、デトックスを行いリラクゼーションを得ることと下半身、特に骨盤部の血流を増加し肝臓や腎臓を含めて機能を活性化し、解毒や排泄を活性化するという上半身、下半身の両方を頭寒足熱と言う形で組み合わせたものです。生体のホメオスタシス(免疫、自律神経、内分泌)の活性化に働き、冷えの改善、ストレス抵抗性を高め、妊活及び健康な子を出産するための次世代予防に最適です。

次世代予防ヘアカラー
現在一般的に行われているヘアカラーはアルカリ度の問題[アルカリ度が強いと頭皮の血管が収縮して血流が悪くなってしまいます]やジアミンの問題で頭皮にかかる負担が多いものとなっています。健美工房では妊活や次世代予防(元気な赤ちゃんを産んでもらってその赤ちゃんの将来の成人病まで予防する事)を行っていますが、10代後半からヘアカラーを使用する方が非常に増えたためヘアカラーの問題が重要です。そのため、アルカリ度を低くし、極力、ジアミンを使わないヘアカラーを目指しています。この次世代予防のためのヘアカラーと屠蘇アーシングや頭皮洗浄を組み合わせることで【健康な体と健康な頭皮から生まれる元気な髪でしか出せない彩り】を出すことが可能になりました。
今回は吉岡由紀子さんにこの次世代予防ヘアカラーを試していただき感想をいただいています。

土屋宗子作陶展
2017年4月24日から30日までアクロス福岡2F匠ギャラリーで土屋宗子さんの作陶展があります。入場料無料です。自然釉を使った陶器に触れてみましょう。

佐賀温泉プチ断食リトリート
5月13日と5月14日熊野川温泉夢千鳥にてプチ断食リトリート(ゆったりした自然のなかでこころとカラダを再生する)を行います。若返りやダイエット、体質改善に最適です。プチ断食セミナーですが、甘酒や酵素ドリンク、夢千鳥特製の回復食をとりながら実践します。お腹もそれほどすかず、楽しく実践しますので初心者の方にも最適です。現在は断食することに長寿遺伝子が活性化するといった研究が行われております。いちど挑戦してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA